ライブチャットサイトによる求人状況

現在ライブチャットサイトでは、女性の求人に関してはサイト独自で求人しているサイトと、プロダクションに委託しているサイト、また両者を併用しているサイトがあります。

サイト側が女性の求人をプロダクションに委託するメリットとして、求人広告などの経費を抑える事とチャットレディの管理の負担を減らす事ができます。

プロダクションでの求人は、以前は通勤ルームから出演するための募集が主流でしたが、徐々に在宅の女性を募集するプロダクションも増えています。
プロダクションでの求人の状況は、サイトの運営方針によって様々です。

DMMライブチャット

DMMでは元々動画配信やDVDレンタルのサイトのサービスの一部としてライブチャットが開始されたという経緯があり、元々は女性の募集はプロダクションに委託していましたが、現在ではサイト直でのチャットガール募集も行なっているようです。
ただDMMの場合はサイト直と言っても完全にサイトが女の子の管理を行なっているわけではなく、実質的には関連会社によって運営されているプロダクションから登録する形になります。
サイト直での募集の場合の報酬率は、「独占契約(DMMのみ登録可能)」の場合50%ですが、掛け持ち可能な「一般契約」では40%になります。

エンジェルライブ

エンジェルライブでは、元々サイト直で募集を行なっていますが、プロダクションへの委託も併用しています。
サイト直の場合の報酬率は、DMMと同様「専属契約」が50%、掛け持ち可能な「通常契約」では40%となります。
DMMの場合もそうですが、チャットレディのお仕事をする中ではなるべく掛け持ち登録する方がやりやすく、メリットがありますので、報酬率で40%以上、なるべく50%に近いプロダクションから登録するといいでしょう。
プロダクションでは普通は掛け持ち可能ですので、40%以上ならサイト直で登録するよりもメリットが出てきます。

チャットピア

チャットピアもエンジェルライブと同じリアズという会社が運営しており、女の子の募集もサイト直とプロダクションの併用です。
ただチャットピアの場合は、エンジェルライブと異なり「専属契約」はありません(専属制度はありますが報酬は変わらず、プロダクション所属でも申請可能で、申請すると専属者専用イベント参加などの特典がある)。
サイト直で登録すると報酬率は50%一律となりますので、プロダクションから登録する場合は50%以上の所でないとメリットはあまりありません。

ジュエルマダムライブ

ジュエルとマダムライブでは、以前はサイト直での募集でしたが、現在は完全プロダクション制に切り替わっています。
やはり女性の求人・管理をプロダクションに委託するメリットが高いという事だと思います。
ほとんどのプロダクションで報酬率は40%以上のところが多いですが、最高でも50%程度までになります。

その他のサイト

上記以外のサイトでもプロダクションも併用しているサイトもありますが、在宅の場合はサイト直登録と比べてメリットを出す事は難しいようです。
プロダクションを通じて登録するのは、主に通勤の場合に利用するケースがほとんどです。


サブタイトル

テキスト

  • サイトによる求人状況
  • 各サイトの動向や一般的な求人の状況を調べました。プロダクション選びの参考にしてください。